ガンは治る病気です!様々な治療法をご紹介

がんを治したい!どう選ぶ治療法?

手術(外科治療)について

ガンの治療法には、大まかにいって、二つの治療法があるそうです。一つ目は局所療法、二つ目は全身療法です。
局所療法は言ってしまえば局所のガンである場合に施されることの多い療法で、どんなものがあるかといいますと、主に腫瘍を切除する一般的な「手術」、そして放射線を体内の腫瘍に照射してガンを死滅させる「放射線治療」のようです。
全身療法は、ガンが転移してしまっていて、全身に飛んでいる場合に施されることの多い療法で、例えば手術してみたが、診てみるとガンが全身にまわっていて切除できないものである場合、全身療法を採用する場合が多いようです。全身療法には、主に薬物療法(抗がん剤治療)と免疫細胞療法があります。
さて、実際に自分がどのような治療を選んだらいいのか、ですが、どの治療法にも必ず良い面悪い面があります。治療を選ぶにあたってはどのような効果があるのか、どのような副作用や後遺症が考えられるのか、再発はどの位の可能性であるのか等、通院の頻度や治療中、治療後の生活を含め色々な情報を医療従事者やインターネット、または書籍から集めて、家族との相談もよくした上でご自身で納得して選ばれることをお勧めします。
治療法を選択する際、実際に自分が病気だと分かったショックで頭が混乱していることも考えられます。まずご自分の体の状態を知り、焦らず、周りの方との相談の上決められると良いと思われます。
ガンの治療の際は、一つの治療法だけを行う場合もあれば二つ以上の治療法を組み合わせる場合もあるそうですので、ご自身に一番適切な治療法よく医師と相談して選ぶこと、が望ましいと思われます。


ページの
先頭へ