がんを治したい!どう選ぶ治療法?

現在ガンの主な治療方法はどういったものがあるのでしょうか?

手術の流れについて

ここでは、手術の一般的な流れを見てみましょう。最近では、検査や説明は外来で行われることが多いようです。まず前日、もしくは二日前に入院します。医師または看護師から入院生活の説明を受けます。麻酔についての説明を受けます。前日にシャワーまたは入浴等で体を清潔にします。その後手術する場所に近い体毛をそります。

当日は朝から準備が始まります。食事は食べられないそうです。初めに、装身具はすべて外し、下着も脱いで手術着に着替えます。また消化器系の手術の場合は特に前日の夜に下剤を施し、排便を促す場合が多いようです。そして手術中やその前後に処置しやすいように、必ず点滴を行います。十分に麻酔がかかったら、手術が始まります。

手術後について

現在の手術の技術は格段に上がってきているとは言いましても、体にメスを入れるので術後の回復に時間がかかります。
手術が終わると、ICUや回復室に入ります。私も一度手術をしたことがありますが、手術後回復室で、呼吸や、血圧などを管理されながら、数時間過ごした覚えがあります。
無理に動こうとせずに、何か必要なことがあれば遠慮せずに、看護師や周りの家族等に手伝ってもらえるよう頼んで良いようです。
もし、急な痛みや、発熱、不快感等なにか異常を感じられたら、すぐに医師や看護師に伝えましょう。手術の前に、術後に起こりやすい合併症について聞いておき、備えておいてください。

身体は手術後、とても頑張られたのですから、疲れています。無理をなさらずにゆっくり療養なさってください。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ